今こそセルフケアで免疫力アップを!


落ち着かない毎日が続いていますが
私たちがまずできることはセルフケアを行うこと。
手洗い、うがいを行うことと共に 栄養・休養・運動 
この3つをバランスよく取り入れることで免疫力を高めることにつながります。

食と植物療法の観点から、みなさまへ
おすすめのセルフケア方法をご紹介します☆




【栄養…腸内環境を整えること=免疫力を高めること】
●バランスのよい食事
●規則正しい食事
●ハーブのチカラを取り入れる
ハーブには免疫細胞の強化に働きかけてくれる栄養素を
含んでいます。その中でも免疫力を高めてくれるハーブ
「エキナセア」は、自己治癒力を高めてくれるはたらきや、抗ウィルス作用
抗菌作用、炎症を鎮めてくれる作用もあるためウイルス対策にぴったりのハーブです。

<おすすめ①>ハーブティー
めだかオリジナル 免疫力UPブレンドハーブティー
・エキナセア・ローズマリー・タイム・セージ入り
1度にたくさん摂るのではなく1日に3~5回に分けて
温かいハーブティーを飲むのが効果的。

ハーブティーのおいしい淹れ方
1.温めたポット(カップ)にハーブティーを淹れます。
 (ティースプーン1杯でハーブティー1杯分が目安です)
2.熱湯を注ぎ、蓋をしてお好みで3〜5分蒸らします。
3.ポットの場合、蒸らしたハーブティーをカップに注ぎます。
4.おいしくいただきます。


●発酵食品を取り入れる

味噌、しょうゆ、酢、漬物、甘酒などの発酵食品には
善玉菌が多く含まれ腸内の善玉菌を増やす働きもあります。

<おすすめ②お味噌汁>
めだかのお食事についているお味噌汁
さらに!「乳酸菌味噌汁(赤だし風)」に
変更もOKです。

<おすすめ③甘酒>
こうじのめぐみ(甘酒)
米麹だけで発酵させたノンアルコール甘酒。
食物繊維やオリゴ糖を含みそれらは善玉菌のエサとなります。
エサが増える➡善玉菌が増える➡腸内環境が整う。


【休養…十分な休息と質の良い睡眠を取ること】

●夜は明るすぎない照明やリラックスできる環境作り
●同じ時間に寝て同じ時間に起きる規則正しい生活
●就眠2時間前までにぬるめのお風呂にゆっくり浸かる


【運動…運動することによって免疫細胞は活発化】

●継続できる適度な運動を取り入れる
 <おすすめ④>森林浴しながら約20分から1時間程度
 歩くことなら手軽にスタートできるかも!